竹内陽子 公式サイト

凛として誠実な市政を!

議会は現在一般質問の日程

 まず、報告の前に、訂正をさせていただきます。2月15日の報告の中で、「鮮魚街道」のお話をいたしました。その際、常夜灯のある場所を冨ヶ谷地区と説明しましたが、柏市藤ヶ谷地区(藤ヶ谷1316)です。尚、冨ヶ谷地区も、漢字は富ヶ谷地区と書きます。失礼いたしました。

17日、千葉市で開催された「令和2年、第1回千葉県後期高齢者医療広域連合議会定例会」に出席しました。千葉県下54市町村から選出された各一人の議員が出席しますが、数人の議員の欠席がありました。議案内容は主に、令和2年度予算についてですが、特に、令和2、3年度の保険料率が変わってくることです。後期高齢者にとっては頭の痛い話ではありますが、75歳以上の人口はますます多くなっていく現状から、算定の方法が説明され、賛成多数で可決されました。特に、特別会計の中で、療養給付金が、昨年度より約151のUPです。大変な現状です。これからの市の広報誌等よる解説をよくご覧になってください。

斜面の崩れの一部

18日(3人)、19日(4人)、21日(4人)、25日(3人)と一般質問が進められていますが、私は、21日、午後1時半から質問致しました(後日、市のHPから録画で見ることができます)。内容は、(1)市内28箇所の土砂災害警戒区域の現況をどのように捉え、どのように巡回し、いつ起こるかわからない災害により、人命、安全に関わる大きな問題であり、即対応出来る体制は整っているのでしょうか。(2)自然災害直後の建物の危険度判定をする判定士のスキルアップの研修はどのように進められ、いざという時の体制はどのように考えられているのでしょうか。(3)オリンピック、パラリンピックの選手村の食材は, GAPの認証(農業生産工程管理)を受けている食材を使っていくことが発表されています。白井の梨も味わっていただくチャンスでもあります。昨年の議会でも質問しましたが、GAP認証に向けての市の調査、検討はどのようになっているのでしょうか。以上3項目について質問しました。

最近、皆さんから、70歳前後の方々の骨折についてよく話を伺います。自転車で、布団の端等々、大腿骨や肋骨を骨折し、入院されてい方が多いとのことです。怪我、骨折、運転には十分気をつけ、私自身も戒めていきたいとおもいます。

 

市内工事現場確認

14日、市内の道路等工事の状況を一部見て回りました。市民の方々から日頃、道路の拡幅、安全対策、建物の工事等についての質問や意見を伺うと、すぐ現場に出向くようにしていますが、市内を回っていると、思わぬ発見もあります。平塚方面を回っている時、分校に立ち寄ってみました。以前にも見ておりますが、校舎正面玄関脇に、懐かしい「二宮尊徳」の銅像がそのまま残っています。次に、カンナ街道から、旧農免道路(現在、16号から工業団地に向けての道路工事中)の工事状況を見ながら、冨塚地区に入っていくと、「鮮魚街道」(なま街道と読みます)の常夜灯があります。昔、利根川から柏、松戸方面に魚を運ぶ中間点となることから、休憩地点の目印として建てられ、今でも貴重な文化財となっています。

平塚分校正面玄関

「鮮魚街道の常夜灯」

3月議会スタート

 今頃は、例年であれば北風が吹く寒い日が続いているのに、春のような暖かい日が続き、天変地異でも起きるのではないかと心配になります。一方、コロナウィルスは日本でも蔓延しそうなニュースが報道され、落ち着かない昨今です。

11日、東京から友達がやってきたので、佐倉の宗吾霊堂に行ってみました。陽気も暖かく、梅は三分咲きぐらいでしたが、ほのかな香りに春のひと時を感じてきました。お寺は真言宗豊山派の東勝寺といい、義民、佐倉惣五郎の霊が祀られていることから、宗吾霊堂と言われているとのことです。帰りに宗吾霊堂から5分の麻賀多神社により、樹齢1300年以上という、東日本で一番大きな杉の木もみてきました。白井から3時間コースで回れます。

お地蔵様の横にも梅に木が 

東日本で一番大きな杉

 

 

 

 

 

 

 

 

12日、教育委員会定例会と総合教育会議を傍聴しました。総合教育会議では、市長より、令和3年4月から令和8年3月までの「白井市教育大綱」(素案)が出され、4つの基本目標の中でも、特にこれからの家庭教育に力を入れていく説明がありました。

13日、3月議会が開会しました。20議案の説明が主で、令和2年度予算は、3委員会付託され、長丁場の議会になります。予算に基づく資料を見ていくのもかなり時間を要する作業となりますが、チェックをしっかり行っていきたいと思います。

 

 

一週間あれこれ

 3月議会(2月13日〜3月23日)を前に行事、研修、議員全員協議会等ありましたので、報告したいと思います。

1日、我が家の近くの調整池(けやき台)にある紫陽花は、近年、少々元気が無くなってきたので、早朝、自治会有志で肥料まきをしました。開花の時期が楽しみです。午後、冨士センターで、昨年の9月に続き意見交換会(タウンミーティング)が開催され参加しましたが、今回は20人ほどの参加者で、それぞれのテーマについて活発な意見が出されていました。市長と職員、コンサルによる進行でしたが、第5次総合計画の後期基本計画をまとめるのであれば、職員で作り上げていく体制ができてきても良い時期に来ているのではないかと思いました。

 

 

 

 

 

 

3日、ボランティア連絡協議会運営委員会に出席。

4日、社会福祉協議会ボランティアセンンター運営委員会に出席。民生委員の方はじめ、日頃地域で活動されていらしゃる方々の集まりですが、高齢化社会に向けての地域のニーズと各団体、ボランティアの方々の関わり方が難しくなってきているようです。

5日、「自然災害直後の建築物の危険度判定の今後」についてのシンポジュウムに参加。主催は、国立大学法人政策研究大学院大学、国立研究開発法人建築研究所、後援は、国交省、日本建築士会連合会、日本建築構造技術者協会、国連教育科学文化機関等です。8人ほどの講師による講演でしたが、チリ、台湾、ニュージーランドの講師のお話も興味深い内容でした。詳しい内容については今後、お話ししていきたいと思います。

日本語と英語で解説 

明治神宮ミュウジアムで

午前中、昨年オープンした明治神宮ミュウジアムを見学してきました。

 

 

 

 

 

 

 

6日、3月議会に向けての議会運営委員会と、午後は全員協議会でした。

臨時議会他

28日、臨時議会が開催されました。議題は、現在開発されている“D2”隣の事業区域の一部に「複合型子育て支援施設」が4月1日よりオープンします。幼稚園等送迎ステーション(定員20名)と認可保育園(小規模保育園A型 定員19名)が一体となった施設で、すでに、25名の入所が決まっています。そのような状況下の中で、施設の工事代が アップしたことから、差額の補正予算追加の審議が行われました。工事にあたり、当初の覚書から、契約書に至った経緯について、市の速やかな対応に問題があったことで、質問が集中しましたが、すでに、保育施設に25名の入所も決まっていることから、採決は、20人中、18名が賛成、2名は退席をしましたが、補正予算は可決しました。4月から保育園は予定どうりオープンの運びとなることになりました。

29日、昨年から「初心者向け 将棋 囲碁教室」が月2回づつ開催されていますが、やっと、私は会場に出向くことができました。お友達ご夫婦がボランティアで、健康長寿を目指して、パワーポイントを使ってのやさしい将棋、囲碁の指導をされています。今後の予定は、将棋、2月20日、3月4日、囲碁、2月25日、3月10日です。是非、気軽に参加してみてはいかがでしょうか。

30日、後期高齢者医療広域連合の議員として、千葉で開催された全員協議会に出席しました。2月17日に予定されている広域連合議会で令和2年度予算はじめ、条例改正等かなり議案内容も多く、市議会と並行しての議案内容検討になりそうです。

31日、市議会の一般質問の締切日。12時が締め切り時間で、13時質問順序の抽選を行い、私は2月21日の午後の予定です。詳しくは後日お知らせいたします。

抽選が終わり、その後、佐倉市に用があり、そのついでに歴史博物館に立ち寄りました。何回行っても新しい発見がありますが、今回も気になる展示の写真を撮ってきました(写真撮影可の展示)。「縄文の自然災害」は、その時代の自然災害の経験に基づき色々な工夫が見られること、「奈良時代の台帳等」では、奈良時代に「正税帳」というものがあり、諸国の収支が分かる今でいう会計簿、「計帳」、戸ごとに死別、年齢、さらに個人を特定する身体的特徴が書き込まれている、まるで現代のマイナンバー(?)と思われるようなデーター、さらに、戸籍の基本台帳も作成されていたとは!! 奈良時代の行政(?)は大したもの!!、いや、それを長年かけて調査し、歴博い展示に到るまでの現代の学者の方々の地道な研究、調査に感銘。

自然災害に対応

奈良時代の行政(?)台帳

 

 

« Older posts