竹内陽子 公式サイト

凛として誠実な市政を!

変異株の広がり

小林牧場の八重桜

市役所と文化会館の間の桜のドームも早くも終わってしまったので、小林牧場の八重桜を見に行ってきました。何人かの方々が写真を撮ったり、ゆっくりと鑑賞されていましたが、私もゆっくりと楽しんできました。忙中閑ありで、時には自然にゆっくり親しむ時間が必要だと思います。空気の綺麗な場所で!!

コロナの広がりは変異株が問題になり、第4波はさらに複雑な問題に直面していくことになりそうです。13日は市長と議会で、今後のコロナ対応(予算も含め)を協議する予定となっております。市民の方々、サークルの方々に色々と意見を伺っておりますが、大なり小なり問題はあります。皆さんの声も含め協議会で問題提起をしていきたいと考えています。

私の議会活動報告(NO45 3月)を地域新聞折込で配布させて頂きましたが、空き家問題、文化会館について、昭和56年5月以前のマンションの耐震性等について、お問い合わせがありました。なかなか大きな課題でもあり、さらにご意見を伺いながら、市と協議していきたいと考えています。

あわただしい役所の年度末

 年度末の今日、市役所は人事異動による引っ越しで、廊下を職員の方々が忙しく行き来しておりました。新年度から心機一転頑張って頂きたいと思います。

さて、私の活動報告も出来上がり、各戸配布(地域新聞折り込み)で皆様のご家庭に配布させて頂いております。報告の解説不足もあろうかと存じますが、すべて私達の住む白井の関する内容です。予算はじめ、教育、福祉、環境、都市計画等ですが、質問、ご意見等がございましたならお聞かせ下さい。

4月中旬ごろから新型コロナワクチン接種が始まります。市から接種のお知らせが届きましたら、“新型コロナワクチンコールセンター”に申し込みをしてください(市のHPをご覧ください)。

白井のモスク

先日、市民の方から、白井の工業団地の中にカレー専門店とモスクがあることを伺い、早速行ってみました。まず、スリランカの方が経営しているお店、本場パキスタンインドカレー“モンターズ・レストラン”(河原子228番地)でチキンの入ったカレーを注文しました。ナンは注文してから焼くので柔らかく美味しく頂けます。

食後、2軒ほど先にあるモスクを、お店の方が案内してくださいましたが、時代の変化が白井でも感じられ昨今なのですね!!

フードサポート

 

食料品コーナー

皆さんのメッセージ

社会福祉協議会が、白井市在住でコロナの影響で収入が減少し、生活の不安の心配がある世帯の方々にフードサポートの活動を3月25日から30日まで活動を行なっている会場を見学してきました。対象者の方々へは事前予約制になっていました。皆様の寄付によるお米、インスタント食品、手作り作品等が並べられ、取りにこられた方々の感謝の気持ちが日本語、シンハラ語(スリランカ)等でたくさんボードに書かれていていました。“しろいつながりプロジェクト”すばらしいですね!

行政経営改革と給食のあり方

昨日(26日)、委員会と審議会を傍聴しましたが、どちらもこれからの白井にとって大きな課題となる事項で、議員にとっても委員の方々の意見は色々伺っておきたいと思っています。

まず、午後からの「白井市立桜台小学校・桜台中学校給食のあり方検討委員会」は、委員の方々の給食センター見学の後、市役所で第2回目の委員会が開催されました。今後の協議にあたって、アンケートも一つの参考資料にしていきたいとのことから、アンケートあり方について委員の方々からかなり意見が出ました。桜台小・中学校ですでにアンケートをとっているので参考にして欲しい、もっと多くの市民の声も参考にしていくべき、食育の観点から考えて欲しい、財政の視点から考えると市民全体の問題等々でした。委員の一人である校長先生が、「私は、桜台の給食もセンターの給食も食べましたが、どちらもおいしいです。子供達には感謝をもって給食をいただきましょうと指導しています」。私は子供達に食育の指導で一番大切なことを現場の先生が指導して下さっていることに感謝でした。今、世界で食事もままならない子供達もいることや、また、日本でも度重なる自然災害時に人々が水や食糧確保に苦労されたことも事実です。また、家庭の食事も大切です。これからの食育とは大きな視点で捉えていかなければならないと思っております。今後の委員会で幅広い視点で協議されていくことに期待したいと思います。

夜7時から、第1回「白井市行政経営改革審議会」が開催されました。委員の委嘱状交付と委員一人一人の紹介があり、委員8人中、学識経験者3人、市民公募5人(女性2人)のメンバーです。まず行政から、会の役割、取り組み、今後の計画等について説明がありましたが、説明にかなりの時間が取られ、委員の方からもう少し発言の場を!等の意見も出るほど委員の方々の熱い思いが伝わってきました。質問の一つに財政の観点から、“臨時財政対策債”(取り敢えず市が借金をしても今後の地方交付税で戻ってくると言われている財源)について市の考え方についての質問がありました。私にとっても予算審議で質問した一つでもあり、財政の面からの意見がどのように展開していくのかこちらの審議会にも期待をしたいと思っています。

桜・門出・転勤

 

我が家からお花見

 近頃は季節感があまり感じられないと思っておりましたが、我が家から見える公園の桜は満開!。しかし、気のせいでしょうか、なんとなく桜の色が今一歩冴えないと思って見ております。市役所と文化会館の間の道路に咲く桜並木を見てもやっぱり違う?!。本来の“さくら色”は?などと思う昨今です。

さて、卒業式シーズンで、袴姿の若者の姿を時折見かけますが、新たな道に向かい頑張って!!とエールを送りたい。ただ、就職先が決まってもコロナ禍で自宅待機などのなかなか厳しい状況も現実のようです。

 

26日は、9時半から議会運営委員会、10時、全員協議会、午後は「給食のあり方検討委員会」の傍聴等の予定です。新たな問題については後日報告いたします。

さて、北総線が発行している「北総Smile」をご覧になった方もいらっしゃると思いますが、今回は、“千葉ニュータウン中央、印西牧之原エリアMAP”をはじめ、自治体紹介は、印西市、白井市、鎌ヶ谷市、市川市、船橋市、松戸市の子育て支援情報が掲載されています。中でも、“支援制度を利用した市民の声”の欄に、白井市の場合は、“ファミリーサポートセンターの利用に大変助かっている”と掲載されていますが、他市との違いも若いファミリーには興味のあるところかと思います。

« Older posts