竹内陽子 公式サイト

凛として誠実な市政を!

喜怒哀楽

 この言葉の語源は中国戦国時代の儒学の経典の一節であり、必ずしも良い意味で使われていないようです。確かに、喜怒哀楽の激しい人と評されると、一歩下がっておこうと思ってしまいます。ところが最近の友達、知人からの電話は、激しい口調、批判、激怒にも似たような会話になってくることが度々です。先日も家族のコロナ感染でお電話を頂きましたが、病院探しに一日中かかり、さらに自宅待機となったことから一人は保健所の紹介で成田のホテルへ、次々に家族が陽性になるも病院は受け付けてくれず、奥様に持病があることから、ファストドクターへお願いしてもだめで、救急車もその時点の状況から搬送もことわられ、奥様は今現在食事も十分取れず困っていますとのお話しです。穏やかなご主人で大きな声で話されませんでしたが、身近に一家でコロナ感染になってしまう大変さが痛切にわかりました。長女のかたは東京に下宿をしていらっしゃいましたが、やはりコロナ感染の陽性となったそうです。 即ホテル待機となり、食料も届くといった状況だそうです。自治体によって体制がすごく違うとつくずく感じましたといっておられました。 また、 昨日は、すべって腰を痛めた男性が、足も動かすのも少々きついと言われたので、家族で色々病院にあたってみたそうですが、夕方やっと対応してくれたのが船橋の病院だったとか、病院探しが大変だっという連絡も入ってきました。人ごとではありません。この大変さはどうにもならないコロナ禍の日本の医療現場の実態と分かったものの、いつ我が身にも起こるか不安です。

さて、先日は、岸内閣の組閣がきまりましたが、いつも政治談義をされる方から早速連絡があり、“旧統一教会”と国会議員の話にはじまり、メディアで報道されているウクライナ紛争、異常気象等々、声のトーンが上がったり下がったり、時には怒ったり、話す本人も疲れるでしょうが(?)、聞く方も少々忍耐を必要とする時があります。でも、これが日本のみならず世界の人々が、現在苦しみ悩んでいる現状でもあると同時に、自然の猛威にはなかなかかてませんが、戦争だけは早期終結を願うばかりです。 

被爆者の涙と世界の動向

 今朝(8/6)6時から、先週に引き続きアジサイの手入れを行い、我が家に戻りテレビをつけると、広島の“平和祈念式典”が行われていました。祈りに続き、広島市長の「平和宣言」、そして、小学6年生二人の「平和の誓い」、「〜自分が優位に立ち、自分の考えを推し通すこと、それは強さとは言えません。本当の強さとは、違いを認め、相手を受け入れること、思いやりの心を持ち、相手を理解しようとすることです。本当の強さをもてば戦争は起こらないはずです。」ロシアのプーチン大統領に聴かせたい!!と思ったのは、私だけではないと思った次第です。

さて、4日は埼玉県加須市で「第72回、利根川治水同盟治水大会」開催され、市の職員と都市経済常任委員会で参加しました。昭和22年9月に来襲したキャサリーン台風による大きな被害から利根川流域の堤防、護岸等の整備を1都5県で治水対策の促進を国に申し入れしてきました。なかなか進んでいないのも事実で、毎年大会を開催していますが、2年間ほどコロナで開催されませんでした。加須市は、平成22年、旧加須市、旧騎西町、旧北川辺町、旧大利根町と合併し、人口11万2千人ほどの市となり、四季折々の名所も多く、うどんのまちだそうです。ちなみにお昼はうどん屋さんで美味しく頂きました。

途中、バスの中でコロナに感染したした白井市の知人から連絡を頂きました。家族の20歳になる次男の方が熱があり、病院やクリニック等に朝から電話し続けていますがどこも受け付けてくれませんとの必死な相談でした。夜、知人に電話したところ、病院、クリニック等の診療はやっぱりだめで、夜、鎌ヶ谷のドライブスルーの検査場でやっと受け付けてもらい、陽性反応が出たそうです。次は隔離生活のため、受け付けてくれるホテル探しだそうです。急激に感染者が増え、感染者対応の大変な現状がよく分かりました。

猛暑の中でアジサイの手入れ

 

咲き終えた一節目を切る

来年もまた綺麗に咲いて!

今日も朝からものすごい暑さでしたが、気になっていましたアジサイの手入れをプラザ西白井一番街管理組合(自治会員でもあります)の皆さんでで行いました。本来このアジサイは、調整池の周りの自治会の皆さんで行うことで、平成7年に植えてスタートしました。現在、手入れを行なっているのはプラザ西白井一番街だけですが、しかし、先日もお伝えしましたが、毎年6月には調整池のアジサイを楽しんでいただいていることも励みに管理組合、市の職員有志の方のお手伝いもあって今日に至っています。先日も、JCOMの取材があり、放映されましたが、まさに継続は力なりです。昨日も大規模修繕の会合が夕方までありましたが、皆さん頑張って、一部残った箇所を7日、朝6時から行います。

先週の金曜日(7/29)10時から議会運営委員会、1時から全員協議会が開催されました。議運での協議は(1)感染症対策にかかる9月議会の対応、(2)決算特別委員会委員の選出、→前年度議員の半数が決算と予算を行なっております(竹内は前年度行いました)。今年度は、前年度行わなかった議員(監査委員を除く)。(3)決算書のサイズ、→従来は予算書は横書き、決算書は縦書きで、委員会で照合をする時、非常に見にくかったこともありA3の横書きに決定。現在タブレットに全ての議案書が送付されます(ペーパレス)。(4)議運の行政視察、等々が協議されました。  午後の全員協議会は(1)午前中の議会運営委員会の報告(全議員出席の協議会のためあらためて報告)、(2)専決処分事項の対応、(3)新個人情報保護法施行に伴う議会の対応について等々でした。これらの協議事項について変化の大きく出てきた問題については報告していきます。

 

令和4年度千葉県不交付団体は8自治体

 世界の異常気象による現象が毎日のように報道されていますが、日本の場合は線状降水帯による崖崩れや河川の氾濫で大変な思いをされている方々は本当にご苦労だと思います。最近の報道番組をみていると政治までおかしくなってきていることに、国民はうんざりと言ったところでしょう!! 前にもお伝えしたように我が家(集合住宅)の第2回目の大規模修繕に入っております。しめっきりの状況が今後3ヶ月ほど続きます。しかし、この猛暑の中仕事をされている方々のことを考えると暗いの暑いの言っていられません。感謝です。

さて、総務省は26日、令和4年度の地方交付税の自治体配分額を決定しました。千葉県の交付税を受け取らない不交付団体が8団体、市川市、成田市、市原市、浦安市、袖ヶ浦市、君津市と、今年度は、君津市、印西市、芝山町となりました。県の報告によると、今年度の県内市町村の基準財政需要額の合計額が1兆824億円(対前年度比526億円・5.1%増)となり、これは、地方税の増収等により地方の財源不足が大幅に縮小したことに伴い、基準財政需要額から控除する臨時財政対策債相当分が昨年度比較し大きく減少したことなどによるものですと解説されています。また、県内市町村の基準財政収入額の合計は9,358億円(対前年度比445億円・5.0%増)となりました。これは、給与所得の増を見込んだことによる市町村民税所得割の増、経済、企業業績の上振れ予測の反映などに伴う法人税割の増によるものと分析していると解説されています。お隣の印西市の不交付団体は分かりますが、芝山町は成田空港の国際貨物取扱量が増え、運送事業者などからの法人税が増えたためだそうです。白井市も企業誘致を進めていますが、計画が進み早い着工が望まれます。市民の方々から「白井市も合併をしていたらなー」との声を時折耳にします。

4回目のワクチン接種がスタートしておりますが、4回目を躊躇していた方々もコロナ感染の7波で多くの高齢者の方々は積極的に摂取しています。私はお陰様で熱も痛みもありませんでしたが、色々な症状を訴えてくる方もいらっしゃいます。いまや、5回目接種の話が出てきており、まさかのコロナ感染の8波などとなったらと悪く考えてしまうのは私だけではないかもしれません。そうならないように切に祈るばかりです。

日本の課題は次から次へと

 今朝(7/17)、NHKの日曜討論「異例の選挙戦 私たちが問われたのは?」を聞きました。私も今回の参議院選挙結果をみて、時代の変化と同時に若者の選挙に関する考え方に興味を持っておりましたので、最後まで聞き、なるほど?!と思った次第です。ゲストは江川紹子氏(ジャーナリスト)、若い二人の准教授、若い団体の代表での討論でした。選挙中のまさかの安倍前首相が凶弾に倒れた事件もありましたが、選挙へのネットの影響は大きく、今までにない小政党が議席を得たことは、まさしくSNSによる情報発信であったことは間違いなかったという結論でした。ただし、SNSのメリット、デメリットもあり、ルール化が必要との意見もあり、これには私も同意見です。今後の国会の活動を注目していきたいと思います。

お話し上手なくぼてんきさん

15日、くぼてんきさん(日本テレビ ZIP! 気象予報士)の熱中症対策のお話が文化会館で開催されました。芸人さんであり、気象予報士の資格を持ち、現在、テレビでも活躍されているそうです(すいません、知りませんでした)。ほわほわのヘヤースタイルは入道雲をイメージしているそうです。今回は「熱中症に気をつけましょう!!」と、クイズを取り入れながら、お母さんと一緒に参加されたお子さんたちも回答で盛り上がり、プレザントをいただいていました。なかなか良い企画だったと思います。企画ににあたっては、千葉県下で白井市が初めて大塚製薬と協定を結びこの企画になったとの話が、冒頭の市長の挨拶の中で紹介されましたが、今後もこのように、あらゆるジャンルで自治体と企業とのコラボレーションは大事な時代になってきています。

« Older posts