竹内陽子 公式サイト

凛として誠実な市政を!

カテゴリー: お知らせ (page 1 of 121)

けやき台調整池のアジサイ放映と視察

昨年の挿木に花が!!

早くも剪定をします

 けやき台調整池のアジサイが、今年も綺麗に咲き、例年より花の色が鮮やかで、また、昨年挿木から育て、秋に植え替えたアジサイがかわいく咲いています。地域の方々、また、調整池の周りをウォーキングされる方々にも楽しんで頂いております。このアジサイが、今日(6/22)J:COM(ケーブルテレビ)で放映されます。このアジサイは、当時、市の広報誌(平成15年7月15日号)でも紹介されましたが、当時、ライフブロード、エクセレント、プラザ西白井一番街の3自治会で平成13年3月に植栽したもので、今日に至っています。当時は、まだ空き地もあり、アジサイまつりなども行われましたが、3〜4年経つ頃にはプラザ西白井一番街が主になり手入れを続けてきました。現在も、管理組合理事長が年間計画の草取りの日に合わせてくださり、年に何回かアジサイの手入れをみなさんで行なっております。20年も続けて来られたのも、当初から市の一職員の熱心な指導があったと同時に、管理組合の有志「花水木の会」が積極的に花壇や植え込みなどに花を植え、街並みを綺麗にしていこうという思いがあって続けて来られました。これからも地域を皆様の力で綺麗にしていきたいと思います。

 

視察に向けて職員から説明

6月20日、都市経済常任委員会で所管事務調査(現場確認の視察)を行いました。視察内容は、(1)工業団地アクセス道路の整備状況について(冨塚地先)、(2)道路法面改修工事箇所の現況及び今後の予定について(名内地先)、(3)道路拡幅及び流末水路改修計画箇所の現状及び今後の予定について(平塚地先)、(4)交差点改良工事箇所の現況及び今後の予定について(桜台地先)、(5)県道千葉ニュータウン北環状線に係る市道の整備状況と今後の予定について(清戸地先)の5箇所を2時間半ほどかけて見てまわりました。現場において色々質問させて頂きましたが、気になる点もありました。これについては報告書として各委員が提出することになっています。それにしても蒸し暑い日で、水分を取っても、戻ってきた時には少々暑さ負け状態でした。(工事現場の写真が失敗の様で、現場の状況については後日報告させて頂きます)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

集合住宅大規模修繕

 

今が見ごろのけやき台のアジサイ

我が家の日めくりカレンダーに「風の音も、葉の色も、土の匂いもすべてほとけさまのメッセージ!!」という文言がでてきます。最近つくづくこの文言が気になり、「確かに!!」と複雑な思いになります。今では、地球温暖化により、地球は自然災害の猛威に苦しめられ、自治体は危機管理体制のみならず、子供たちの教育にもSDGsの観点から環境問題に大きな関心が注がれています。宇宙に人間がいく時代になってきました。限りない様々な開発の裏にこの様なツケがまわってきましたが、果たして挽回するにはどれだけのエネルギー必要になっていくのでしょうか!! 

昨日(6/11)と今日は、私の住む管理組合の大規模修繕の最終的な工事に入る前の計画工程表の説明でした。足場を組むことは安全対策にはじまって、ベランダの用具の移動等なかなか色々な細かい問題提起もあり、今では、在宅ワークの方もいらして、騒音の問題が取り上げられとても参考になりました。また、今日に至るまでの大規模修繕委員会では、財源(積み立て金等)、工事会社の選定等々が理事、大規模修繕の委員の方々による協議がご苦労だったと思います。私もメンバーの一人ですが、今回の修繕ではプロのカラーコーディネイトの方が工事会社の方と連携をとることから、期待をしているところです。よほどのおおきな台風等がなければ12月までには完了予定です。

 

 

せっかく育てたアジサイが!!

アジサイが1本無い!!

けやき台調整池の周りのアジサイが今年も見ごろを迎え、皆さんに楽しんで頂きたいとプラザ西白井一番街の自治会の方々は特に期待をしていたところです。それは少し体力が弱ったアジサイをなんとかしたいといつも協力してくださる環境課の職員の指導を受け、昨年、アジサイの苗木を育て、成長したところに、稲刈りの終わった藁を自治会の皆さんで束にし、それを植えた苗木の周りに敷き、肥料も撒き、大事に見守ってきたところでした。ところが公園管理の都市計画化から、公園整備のため車が入るところは一部刈らせてくださいとの連絡があり、了承をしたのですが、何がどこでどうなったのかわかりませんが、せっかく可愛らしい蕾がついたアジサイの木が一本抜かれ、環境課の職員の方の通報で知った次第です。環境課も頼んだ造園屋さんの全く知らぬところでこの様なことが起き、しかも、抜かれていた状況は葉っぱもたくさん散らかっていたことから、造園屋さんの作業では無いと職員の方もおっしゃっているのですが、誠に残念です。

6月議会は、1日開会となり、一般質問が6、7、9、10日の予定です。私は、7日の午後1時半からとなる予定です。質問事項は、「まちづくり協議会」、「教育ー教員の不足と授業体制」で、ライブ中継もしております。パソコンからお聴きになれます。また、それぞれの議員が、市民の声からの問題点、また市の運営問題等を取り上げ質問しておりますので、市の様子もお分かり頂けると思います。

31日、「文化センターの在り方検討委員会」を傍聴しましたが、大、中ホール、図書館、プラネタリューム、郷土資料館のそれぞれの機能が市民、市外の方々、また、幼稚園、学校教育にも十分果たされていて、問題点も多少あるかとも思いますが、今後の在り方、方向性(改修等、財政面も含め)を決めていくことは、委員会の中でも非常に難題だと思いました。

各審議会の傍聴

 コロナ感染は多少減少の傾向にある様ですが、まだまだ小中学校、市役所等での感染が見られます。また、他の感染症も報道され油断大敵と思っても間違いないと思っています。また、今日も茨城、福島沖の地震がありましたが、このところの地震が続いていることにも不安を感じる昨今です。

17日、「まち・ひと・しごと創生審議会」が開催されました。将来に渡り、いかに活力あるまちにしていこうかとあれこれと今日まで市は考えてきましたが、現実は、人口減少、ますますの高齢化、昭和54年からニュータウン事業がスタートし、現在の課題の一つに建物の老朽化と厳しい現状にも向き合っていかなければなりません。当然財政もますます厳しい状況になってくるのは必須です。今日の新聞報道によると、政府の「骨太の方針」の原案で、75歳以上の後期高齢者を念頭に金融所得を勘案して健康保険料の支払額を決める新たな仕組みを検討する方針を盛り込んだとあり、収入のある高齢者に応分の負担を求めるとありました。社会の公平公正から考えれば当然と思いますが、これからどの様な意見が出てくるのでしょうか?!

19日 6月議会に向けて、一般質問の締め切りでした。私は、1点目は「地域コミュニティづくりの推進について」質問します。9小学校区の内、3小学校区のまちづくり協議会が設立しておりますが、残る6小学校区をどの様に令和7年までに立ち上げていくのかを問います。2点目は、「令和4年度教員の配置と教育現場の現状について」です。前回の3月議会の私の質問に対して、教育委員会は教職員の加配を希望していましたが、現実は教職員数は令和4年度も同じであることも踏まえながら今後の教育について質問していきます。日程は25日の議会運営委員会で決定となります。

19日 都市計画審議委員会が開催されました。印西都市計画市役所周辺地区地区計画の決定、池の上一丁目地区(旧聖人会病院)地区計画の変更等が審議されました。学識経験者の先生方からは専門的な観点からの質問があり、議員からも色々質問がありました。

20日、総合計画審議会が開催されました。令和3年度までの審議会のまちづくりについての評価結果に対し、行政も評価したことを総合的に取りまとめました。今後市からまとめた結果が報告されます

21日、NPO法人ボランティア連絡協議会は運営委員として出席しました。長年市からの委託事業や補助金についての不明な点があり、今回は疑問点を質問しました。

リーダーの加藤さんより説明

根本からしっかり抜けました

同じ会派の同僚議員も参加

 

 

 

 

 

 

 

 

 

19日、外来種のオオキンケイギクを毎年駆除していますが、今年もリーダーの加藤 恵泉さんの説明からスタートし有志のみなさんで駆除をしました。主にスーパーベルクから市役所に向かう北環状線の分離帯をを中心に取り除いておりましたが、今年は例年の成果があって、分離帯にはほとんど咲いてなく、主に空き地の駆除となりました。「国道464号の印西地区は花がきれい!!」とよく市民の方がおっしゃいますが、外来種の説明をするとびっくりされています。注意していきましょう。

 

 

まちづくり協議会

  5月12日、10時から議会全員協議会が開催され、まず市長より白井市のコロナ感染状況についての報告がありました。現在は、若い人や10代の感染が多くなってきていることや、また、4回目の接種についての説明でした。今回の全協は、オンラインによる会議でしたが、議員も大分慣れ、今後はオンラインによる会議も時折開催されることになると思います。 しかし、午前中の全協に続き、午後も私個人のオンラインの研修が予定されていたので、午後6時までの全プログラムに参加し、翌日13日も10時から午後4時までの研修で、少々ハードでした。オンライン会議は今や普通になってきましたが、良い面と問題点もあろうかと思います。小中学校のタブレット使用の授業も当然の様になってきておりますが、教育の観点からみて、やはり色々な問題点が出てきている様です。私自身ももう少し勉強し、実践して自分なりの問題提起をしていきたいと思います。

第三小学校区まちづくり協議会

本日(5/15)、第3小学区(冨士地区)のまちづくり協議会の総会を傍聴しました。まだ令和4年2月6日に発足したばかりでしたが、自治会がしっかりできている地区でもあり、従来のネットワークが生かされ、ご苦労も多いいことと思いますが、若い方々の参加もみられ、今後の活動に期待をしたいと思います。さて、次のまちづくり協議会はどこの小学校区になるのでしょうか?!

« Older posts