竹内陽子 公式サイト

凛として誠実な市政を!

カテゴリー: 活動報告 (page 1 of 23)

木星と土星が大接近

 397年ぶりに木星と土星が大接近ということで、昨日から夜空を何回となく見上げています。現在も(22日、20時53分)月の近くにダブルになったような星が見えています。次にこのような状態に見ることができるには60年後の2080年とか! コロナ感染が益々拡大しているさなかに、夜空を見上げながら、地球のパンデミックの早期終息を願わざるを得ませんでした。

18日、議会が閉会しました。コロナに関する補正予算等が議案として多く出され、さらに最終日にも追加議案の提出があり、コロナに関する議案ばかりと言っても過言ではない12月議会でした。

ところで、今回、陳情他についてご報告をしたいと思います。

市民から「安心して子どもを産み育てられるよう、出産要件での保育園利用の改善と一時保育の日数と料金の改定を求める陳情」が提出されました。2歳、1歳のお子さんを育て、陳情を出された11月25日には第3子が誕生されており、ご両親が病弱なことから保育園の利用を願っていましたが、利用できる保育園がなく、また、一時保育の料金は高いということから陳情を提出されました。この陳情は採択されましたが、私を含む6人が陳情の主旨は理解できるとの思いから、主旨採択を述べましたが、採択されず原案に対して反対という結果になりました。私の主旨採択の理由を申しあげます。陳情者はすでに2月に市長へ陳情と同様な内容の手紙を出し、その段階では保育園の入所は厳しく、一時保育の利用をお願いしたい旨の回答が出ておりました。その後出産等でお忙しかったのでしょう、この度の12月議会で陳情を提出されました。しかし、陳情を審議する日に陳情者の出席はなく(出席しなくても問題はないのですが)、さらに陳情者は市外に転居していました。結局、陳情者の意見を聞くことなく、付託された委員会の委員と執行部の質疑応答で終始しました。従って、陳情者の述べている主旨は十分理解出来ることから私は主旨採択を主張した次第です。単に反対ということではないことを述べておきます。

もう1件、「第5次総合計画後期基本計画にたいする付帯決議について」の発議案が議会終盤に提出者を含む10人で提出されましたが、賛成多数で採択されました。私他何人かの議員は反対でした。私の反対理由をお伝えします。発議者の市長に対する提案理由は、「白井市第5次総合計画後期計画には、基本構想に位置付けされた3つの重点戦略を実現するための取り組みを定めていますが、取り組み目標の数値や取り組み指標の一部に注視すべきものがあると捉えています。また、新型コロナウィルス感染症等の動向により、新たな課題への対応が求められます。そのため、今後その対応について議会に説明を求めるため、下記意見を付するものです。記として、1、新型コロナウィルス感染症等新たな課題と対応については、本年同様適時議会に説明すること。2、取り組み目標の数値や取り組み目標について修正を要する場合は、速やかに議会に報告すること。 以上決議する 白井市議会」という内容でした。最近、執行部は以前と比べ、国の計画変更に伴う市の事業の変更、補正予算の内容、新型コロナウィルス感染症対応地方創生臨時交付金を活用する事業についてもとても丁寧に、またあまり遅れることなく市長自ら報告がなされています。当然そうあるべきだとも思っています。また、年間を通じて資料についても議員に対しかなりのものが、提出されています。以上のことから、当然令和3年度も今まで以上に説明がなされると思い、あらためて発議案に賛成しなかったことを述べておきます。

地域の皆さんと公園の清掃

ここ数日寒い日が続き、東北地方は近年にない豪雪で自衛隊の出動、南房総ダムは枯渇し、千葉県が各地域の水道事業体へ協力依頼と自然災害対応も厳しい状況になっています。議会閉会の翌日19日、地域の公園の落ち葉の清掃に参加しましたが、話題は、コロナと自然災害の怖さでした。

あれもこれもの議会

 12月に入り、買い物で目につくのはお正月用品で、なにかと気ぜわしく感じる昨今ですが、12月議会は15人の一般質問が終わり、議案審議に入っています。さらに、議会としての諸問題の協議もあり、あれもこれもの毎日です。今年度は、第5次総合計画後期基本計画について、大事な議決案件ですが、議会として議員全員で特別委員会を設置し、付託され、明日(7日)は特別委員会が開催されます。8日は教育福祉常任委員会が開催されますが、午前中は陳情(安心して子どもを産み育てられるよう、出産要件での保育園利用の改善と一時保育の日数と料金の改定を求める陳情)審査で、午後はす。9日は、都市経済常任委員会、10日は後期基本計画特別委員会となっています。

また、現在、全員協議会を開催し、議会だよりの編集にあたっての問題点を協議しております。市民の皆様に分かりやすく、公平な目線で編集すべく進めています。

さらに、国の計画に基づく国土強靭化地域計画、地域防災計画と、自然大災害に備えての計画案が進められています。一方、コロナの第3波による状況が厳しくなるばかりで、“自助”もだんだん緊張感が増して、議会開催時マスクはもちろんのこと、発言の際も着座で行い、30〜40分ごとに空気の入れ替えを行いながらの議会です。パーテーション設置の意見もありましたが、検討の結果、空気の入れ替えを十分におこなうことと、水分の補給等で現在議会が開催されています。

サンタ衣装のジネンジャー!

 

ジネンジャーもサンタに!

千葉県は、21日、新型コロナウィルス感染が過去最大の109名、白井市も40例目となりました。暮れに向かい何かと気ぜわしい時期になりますが、気を緩めることなくコロナ対策に注意を払っていきましょう。役所正面玄関受付ににいるサンタ姿のジネンジャーも大きなマスク(ヒゲでしょうか?)、で市民を出迎えています。

17日、75歳以上の方々が入る後期高齢者の後期高齢者医療広域連合の定例議会に白井代表で出席しました。主な議案は決算ですが、全議案賛成(ただし、一部議案は賛成多数)で可決しました。以前にも報告致しましたように、千葉県の75歳以上の保険給付費だけでも令和元年度、約6311億3千万円の費用がかかっております。国も窓口負担を2割にしていく方向性を打ち出しておりますが、高齢者にとっても、また一方で、若い世代に税金の負担にもなっていくことも厳しい現状で、今後の大きな課題です。

 

18日、議会運営委員会開催。25日から開催される12月定例議会の議案説明等がありました。今回、今後5年間の第5次総合計画後期基本計画を議会で議決します。今回は、議員全員で特別委員会を設け、計画に対する問題点を取り上げてきていますので、12月10日、まず特別委員会としての採決、そして、18日に議会としての採決をしていきます。日程は、白井市議会のHPを検索して頂き、ライブをご覧いただきたいと思います。

21日、国土強靭化計画についての意見交換会を傍聴しました。国土強靭化計画とは、大規模自然災害から国民の生命財産等を守るため、現状をよく捉え、評価して、国をはじめ、各自治体も地域に応じた施策を総合的に計画を策定しなさいとのことです。また、具体的な地域防災計画との関係も明確化しておくことも示されています。市の中心となる危機管理課の職員の方々は“コロナ”禍で大変な時、計画書策定に猛奮闘中です。

464号線のラッシュ

本日は3連休の間の日になりますが、夕方、印西方面から新鎌ヶ谷方面に向かう車の赤いテールランプの行列が繋がっているのを西白井駅の橋の上から眺め、ニュータウンに越してきた当時を思い出しておりました。35年ほど前は、北総線の掘割に、朝は霧がたなびき、ブッポウソウは鳴き、それはそれは中国の山水画のようでした。朝夕の車の往来はほとんどなく、シーンと静まり返った当時の様子がなにか懐かしく思い出された瞬間でもありました。

明日は、オンラインで会議で勉強の予定です。

“コロナ”千葉県全域に拡大

 千葉県内の新型コロナ感染者数は、千葉日報の記事をご覧になった方も驚かれたと思いますが、昨日と比較して88人もの方々が感染しています。現在までの県内感染者数は5721人(千葉日報記事から)で、“第3波”に国民全体が危機感をもって、各人が今まで以上に手洗い、うがいに注意し、体力もつけておかなければならないと思います。このところ、白井市も毎日のように感染者増が、 HPで報告されています。そうはいっても買い物等に外出しなくてはならない場合があるわけですから、くれぐれも注意して過ごしましょう

9日、私の支援者の方々に長いこと建てさせて頂いていた“竹内陽子のたて看板”が古くなったことから全部撤去させて頂きました。早速にお電話等ありましたのでご報告をさせて頂きます。

10日、私の住む“プラザ西白井1番街”自治会のサロンが開催されました。“コロナ”や病院の通院等で参加者は少なかったものの、介護の問題、“コロナ”の問題等を短時間の中で話し合いました。

12日、一般質問がお昼の12時締め切りで、1時が質問順番の抽選でした。私は前回に引き続き一般質問初日の1番です。議会運営委員会で議会日程が決まりましたらまたお知らせをいたします。

13日、白井市第5次総合計画後期基本計画特別委員会と、全員協議会が開催されました。全員協議会で協議した事項は、議会だよりの下記に記載されている「下総基地の米軍機使用絶対反対」の一文を削るか否か、議員の賛否を取り、結果は、文言を削除することに賛成多数で文言は削除されることに決まりました。決定にあたり、それまでの議員個人の勉強、また、10月13日、議会で下総基地見学をし、期間をかけそれぞれの議員が判断された結果で、次回の議会だよりに各議員の賛否と意見が掲載される予定です。

14日、農業問題で市内外の農家の方々と時々懇談をし、色々農業問題の現場の声を聞かせていただいていますが、6次産業と称する商品の一つとして、八街の農家の女性が毎年作る“てんもんとう”(生姜の砂糖をまぶしたもの)を頂きました。本業はビーナツの生産ですが、6次産業も積極的に進め、テレビにもよく取り上げられています。女性の農業者グループ方々は、お米、花卉、いちごの果物等、酪農、養鶏等をメインに6次産業にも情熱を注いでいる情熱家の集まりです。先日白井市でも「しろい市民まちづくりサポートセンター」主催の“語ろう!〜食と農のミライ@しろい〜”が開催され、膨張しましたが、若い方々の参加が多く、期待したいと思います。

生姜のてんもんとう!

未来志向の思いをシェア

“コロナ”問題、生活への影響

16日、国の“コロナ”支援策第2次補正予算に対し、市としてより良い支援策を考えていく上で、市長と議会で意見交換会行われておりますが、各議員からの支援策のメニュー60項目ほど(重複あり)が結果としてどのような支援策となるのかいずれ報告があると思います。

“コロナ”問題は、学校の休校、保育所のお休み、医療機関の受け入れ体制、企業の休業等々多くの問題が一挙に起きた訳ですが、突然の不要不急の外出自粛が始まった頃は、私のところにも色々なご相談がありました。特に高齢者の方々は具合が悪くても病院に行くことが不安、買い物に出るのも不安等々身近な問題ではありますが、そのうち少々神経的な問題も考えられ、なんとも回答し難い電話のやりとりがありました。特に独居高齢者の方々の不安は大きかったと思います。高齢化社会の考えさせられた問題の一つです。

また、“コロナ”対策で、職場、学校でのオンライン化がクローズアップされています。遅ればせながら、私も先日指導を受けながらオンラインでの勉強会を聴講する機会がありました。リアルタイムで最新の情報の意見交換はとても参考になりました。但し、今回の参加は無料でしたが、会員になるには少々会費が高く、課題です。

学校が休校の間、オンライン授業が行われた高校の様子がテレビで放送されていましたが、難点はとても目が疲れ、ある生徒は、視力が1.2だったのが、0.8になったことや、眼科医に治療を受ける子供達が多くなってきている報告もあり、これまた問題がでてきました。ICT化は学校のGIGA構想まで進められ素晴らしいが、身体への影響も考えていかねばならないと思います。

最近の梅雨は、時折大雨が降り、土砂災害も起きているニュースが報道されています。白井市では現在土砂災害警戒区域の指定が28カ所あり、その内26カ所は特別警戒区域となっています。いつ起こるかわからない災害に市の十分な点検をあらためてお願いしました。また、この度、議会も災害時にどのような対応をすべきか改めて条文化していくことを進めています。

« Older posts