21日 私の住む集合住宅も2回目の大規模修繕計画の時期にはいりました。準備委員会に参加させて頂いておりますが、以前より診断、調査依頼をお願いしていた業者の報告があり、特に、設備配管調査(内視鏡調査)の撮影記録を見て実態がよくわかりました。技術の向上から今後の大規模修繕は10年前とは違ってくると思いますが、費用もどのようになってくるのか課題です。

午後、富士センターで開催されたタウンミーティングを膨張しましたが、なんと市民の参加者は2名でした。他の議員と参加者のテーブルにつき意見を伺ってきました。2名の方から、子供の居場所づくりや、高齢者の見守りの意見があり、今後コンサルが他の地域と合わせて、今後の課題をまとめて報告書が上がってくることになります。それにしても、市長がこれからの財政が厳しい中で市民の協力を得ながら事業を進めていく(そればかりではないにしても)と説明しても、大事なまちづくりに市民の参加がこれでは心配です。若者の市に対する思いをどっかでもっと意見を聞いていかなければならないと思いました。

今日の新聞に、台風15号の災害に対する県の対応が遅いとの記事があらためてありましたが、確かに想定外の自然災害に対する行政の対応にも厳しさがあることと思います。しかし、今後は教訓から落ち度のないように対応していかなければ人災と言われかねません。11月の防災訓練が、地震だけでなく、今回のような台風による停電や、水の確保等の教訓が活かせるような訓練を目指して欲しいとおもいます。