今年の大型連休は、新型コロナウィルス感染の収束に向けての大事な期間だったと思いますが、国は4日、緊急事態宣言を5月31日までと決定しました。今日の(6日)ニュースを聞いていても、今しっかりと自粛をしておくべきとの意見の一方で、社会、経済も考慮すれば段階的に解除との意見もあります。なかなか一律にはいかない話にしても、「国の初期対応や危機管理の認識が甘かった」と解説しているのを聞いていると、毎回このような繰り返しなのかな?と首を傾げてしまいます。さらに、完全収束は2023年ごろまでかかるかもしれないなど聞くと、国民の不安はつのる一方でしょう。先ほども友達に息子さんが日医大病院で医師として仕事をしているので状況を伺いましたが、メールでもなかなか連絡取れないほど忙しい現況のようです。

 さて、私は、外出自粛を書類整理等で気づいたら大型連休も終わりといった具合です。過去からの書類整理はつくづく時間がかかるものだと思いました。みなさんと電話でお話をしても最後は「健康に感謝! 頑張りましょう」の会話です。明日から役所も平常通り、私も電話による仕事開始です。5月4日 千葉県北東部 震度4 5月6日 千葉県北西部 震度4と立て続けに地震がありました。南海トラフの話など思うと大きな地震も想定されますし、また、新型コロナウィルス感染も考えると行政の危機管理体制は大変です。「想定外、認識が甘かった」では済まない大変な事態も考えられます。まさしく、「自助、共助、公助」を謳い文句でなく、私たち一人一人がしっかり認識しなくてはいけない時に来たのだと思いました。