旭市新庁舎

1階受付

今日(22日)、県庁まで出かけたついでに旭市に向かいました。旭市新庁舎は26日から業務開始ですが、取り敢えず見ておこうと思い、出向いた次第です。4月17日、熊谷知事を迎えての竣工式がすでに行われ、今日の段階では、庁舎一階に銀行のATMの工事が行われていました。新庁舎は耐震構造で、地上6階地下1階で、「市民に開かれた庁舎」を念頭に、市内が見渡せる展望台、議場には、子供連れにも気兼ねなく傍聴してもらおうと「親子傍聴席」の部屋が作られているとか。また、バリアフリーを念頭に、障がい者、高齢者、妊婦の方々にあらゆる配慮がされているとか。次回是非見学したいと思います。総事業費は約56億円(変更後)となっていますが、合併(海上町、飯岡町、干潟町)特例債や庁舎整備基金が活用されています。

現在の飯岡の港

また、東日本大震災で飯岡の港が津波により大きな被害に遭い、震災後、私は、飯岡刑部岬展望台から悲惨な状況を見ておりますが、今日、再び展望台から港を見渡してみました。すっかり整備され、船も整然と停泊している状況を見て、感動と共にパワーを頂いて帰ってまいりました。