桜をモチーフにしたトーチ

31日午後、市役所東庁舎1階に、“東京2020オリンピック聖火リレートーチ”が印西市から白井市に引き継ぎがあり、展示されました。 しかし、慌ただしく6月1日午後には佐倉市に向かったそうです。3月25日、福島県をスタートし、全国各地を巡って希望と勇気を与える聖火リレーも、コロナ禍でこのような展示リレーで行われているのは少々残念な気持ちがします。報道によると、東京オリンピック・パラリンピック開催が困難との意見が相次いでいることもあり、開催が不透明になってきている現在、出場選手の培ってきた日々の練習を考えると複雑な気持ちになります。1日の午前中、自治会の“おしゃべり広場”に参加しましたが、ワクチン接種の予約が各自治体による違いや、今後の感染の不安等コロナの心配ばかりの話し合いでしたた。やはり誰もが健康第一と思っていらっしゃることは確かです。聖火リレートーチ展示前で、写真を撮って頂きました。