空き家を放置したままだと、「特定空家等」と判断される可能性があります。全国的に空き家は年々増加し

空き家の樹木が道路まで

市のパンフレット

ご近所の方々にとって防災、防犯、環境等で不安の毎日とおっしゃる方々の声を聞くことが多くなってきました。最近、住民の方からの報告で見に行った際の写真です。全体を見せて頂きましたが、電柱よりも高く伸びた樹は、電線、電話線、街路灯も全部覆い、台風の時は危険を感じるとおっしゃっていましたが、それだけではなく、プロパンガスはそのまま放置され、虫は湧き毎日が不安でどうにもならず、電話を下さったとのことでした。以前から空き家問題は伺っているので、この度の(15日)議会で再度質問します。

 

さて、早いもので、一年の半分が過ぎ そろそろ紫陽花の手入れと、挿木の植え替えを自治会の方々と行わな 

けやき台調整池の紫陽花

徳川家康遺訓

ければなりませんが、大規模修繕に向けての住民集会もあり、なかなか日程調整が難しいとカレンダーと睨めっこをしていましたら、20年以上いつもカレンダーの脇に貼ってある「徳川家康遺訓」を改めて読み返してみました。「人の一生は重荷を負ううて遠き道を〜〜己を責めて人を責むるな。及ばざるは過ぎたるよりまされり」思わず背筋がシャッキとししたものの、含蓄の深いこの遺訓は、この時代だからこそあらためて考えさせられる内容としばし、遺訓を読み返しておりました。実行はなかなか難しい!