金山落としの水の取り入れ口

水利使用標識

 集中豪雨、コロナワクチン接種、オリンピック・パラリンピックと国は大きな問題に対応しきれないような現状に、国民の不安感は募るばかりです。白井は集中豪雨による大きな問題はないにしろ、手賀沼の水位による影響を受ける平塚地区が気になり、金山落としの状況を見てきました。手賀沼で水の調節を行なっていることもあり、推移はいつもより高くなっていたものの、ゴミもかなり流れてくることから水面にフェンスが張られていました。土地改良区で水の利用を管理しています。ところで、家に帰り標識をよく見たら「許可期限」が令和3年3月31日まで!! ちょっと気になりました。

 一方、農産物への影響は?!などと考えていたところ、偶然にも「桃を取りにきませんか?」と連絡を頂き、早速贅沢にも木なっている桃のもぎ取りをしてきました。香りも味も素晴らしい!! 感謝をして美味しく頂きました。また、家に戻るとご近所の方で、本格的に家庭菜園をしていらっしゃるご主人から、なす、きゅうり、新種のかぼちゃ、また、ある団体の方々が作った玉ねぎ、ジャガイモも頂き、白井地場産の農産物に囲まれています。さらに、以前から農家のグループと交流している方の一人で、栄町の“米粉しふぉん”の生産者からとてもおいしいシフォンケーキが届きました。本当に感謝です。

フレッシュな桃と野菜

市民の方々の作品?!

米粉のシフォンケーキ