明日7日は9月議会最終日です。メインは、今まで決算審査特別委員会で令和2年度の決算審査をしてきたことを、それぞれの議員がどの様に判断するかの議会となります。また、執行部よりコロナに伴う追加議案、議会から、「白井市議会会議規則の一部を改正する規則の制定について」、「沖縄戦戦没者の遺骨等を含む土砂を遺骨収集以外に使わない様求める意見書について」の2件の発議案が提出される予定です。

昨日(6日)、午前中、自治会の月1度のサロンでした。母親の介護をされている方より、介護施設の現状について色々お話下さいましたが、施設によって介護のあり方が色々の様で、困っていらっしゃいました。さらに、費用についても深刻で、介護を受ける方も、する方も切実な問題で、即刻改善して頂くこともまた難しい内容です。コロナ禍で、ヘルパーさんも手一杯、また家族も会えないという現状という何十にも悪条件が重なり、なんとも悩ましい課題です。

総合教育会議

3時から、白井市総合教育会議が開催されました。意見交換内容は、テーマごとに分、(1)「スクールサミット」(8月26日 膨張できず)の状況報告。白井の自然を守ろう、食品ロスの問題等なかなか積極的な発表があったとの報告でした。(2)「キャリア教育」の推進については、白井市の場合、中学2年の時、職業体験と発表の場を設けているが、教育委員からは、父親の仕事についての発表もあってもよいかな?!または、もっと視点を変えてのキャリア教育も考えていくべきか等々の意見が交わされていました。(3)「子供の貧困(ヤングケアラー)」についてでした。教育委員会からデーターによる説明もありました。一つ考えさせられたのは、子供の貧困は、「お金のない事による貧困」、「家庭の考え方による貧困」等があるのではないかとのご意見でした。確かに!! 非常に内容の深く難しい問題です。今後、色々な立場の方々の意見を伺っていきたいと思います。