そろそろ暖房が必要になってくる季節となりました。快晴の日は、我が家のベランダから雪化粧した富士山がよく見えます。しかし、先日、2040年代にアフリカの氷河がなくなるという報道を耳にした時、あの美しい冬の富士山の雪化粧は見られなくなってしまうのかな(?!)と一瞬思いました。もちろん若い人がですよ。

 さて、衆議院議員選挙も終盤に入ってきました。13区は激戦区でもあり、厳しい戦いとなっています。ところで、白井市役所前から印西に通じる道が九分九厘できていても何年も開通できない要因は、先の組閣で話題となった3Aの一人が原因となっていることは白井市民だけでなく、多くの国民が知るところです。国民のため、現場主義で誠実に仕事をする候補者に投票したいと思います。

 

第1回空家等対策協議会

19日、第1回「白井市空家等対策協議会」が開催されました。私は議会で何回か空き家問題を取り上げてきましたが、やっと協議会が立ち上がり、市長が委員長で、協議を今後進めていくことになりました。ご近所の空き家で迷惑を被っていた方も傍聴されていましたが、弁護士、司法書士、大学の先生、自治会長、警察、消防、社協の方々の意見がどの様に展開されていくのか見守っていきたいと思います。

 20日、第4回「白井市立桜台小学校・桜台中学校給食のあり方検討委員会」が開催されました。今回は、将来も桜台小・中学校は自校式でと思う方々のみによる熱い意見の発表でした。しかし、市民のアンケート結果は、約77%の方々は「桜台小中の給食提供を給食センターに移行する」との意見となっています。学校での食育の意見も出ておりましたが、私は、家庭の食育が一番大事だと思っています。ちなみに、現在の給食センターは災害時に備える食事づくりの場ともなっています。今後、市民の皆さんの意見も十分に聞いていくことになるでしょう。

 21日、「令和3年第2回千葉県後期高齢者医療広域連合議会」(11月4日開催)に向けての全員協議会に出席しました。千葉県内の被保険者(75歳以上)は令和2年度末現在で84万9,761人となっており、今後も増加が見込まれ運営は厳しい状況が続くものと考えられることから、2022年度10月(?)から1、2、3割の段階が考えられています。

 今日は、インフルエンザの予防接種をします。そして、12月に入るとコロナワクチンの3回目の接種となるのでしょうか? まだまだ油断できないコロナ感染、体調管理に気をつけていきましょう。