ラッピングバス

25日、市役所東庁舎玄関でラッピングバス(レインボーバス)の出発式が行われました。レインボーバスで白井市内を周り、競馬学校、そろばん博物館など、そして自然も一緒に感じながら楽しんでもらいたいとの思いでスタートした事業です。私も3月議会が終了したらバスからの景色を楽しんでみたいと思います。また資料が配られた中に“ふるさと産品”のパンフレットも入っておりましたが、責めてもこのような出発式に合わせ、市役所を訪れる方々にアピールすることも考え、何日間か設け、正面玄関にふるさと産品の展示をしても良いのではないかと思いました。それにしても役所のふるさと産品コーナーはさみしい気がします。

 

 

白井市P連写真展示会

PTA活動あれこれ

 

 

 

 

 

 

 

また、同日のあさ9時から「白井市P蓮写真展示会 白井殿の14人」と題したPTAの活動展示会が東庁舎、まちサポ多目的スペースで開催されていました。PTAの皆さんが活躍している内容を見てとても嬉しく思いました。というのも私自身今から丁度40年前、白井市に転入し、3人の子育てで大変学校にはお世話になりました。PTAの役員決めで運が悪い(?!)とでも言いましょうか、南山中学校の初代PTAの会長に決まり、子育てとPTA活動が始まったのです。今回の展示を見ながら40年前のPTA活動が懐かしく思い出された次第です。

さて、いよいよ予算審議に入ります。毎日数字との睨めっこですが、市の事業計画、財政、将来展望を合わせて考えていきますと少々時間のかかる作業です。3月2、4、7、9日と分野別に審査を行なっていきますが、ライブ中継でご覧いただけます。