気がついたら桜の開花情報等に、何と時の経つのが早いのだろうと複雑な気持ちでおります。春は入学式、入社式と門出の時期でもありますが、現状はコロナ感染の拡大も収まることもなく、かたや世界はロシアによるウクライナへの侵略の軍事的暴挙に各国が即刻の攻撃の停止を求めています。ニュースを見るたび罪もない子供たちの恐怖に怯える顔を見ると、攻撃をやめて!と祈るばかりです。私たち会派「さわやかNT21」(平田新子、竹内陽子)からロシアによるウクライナ侵攻に断固抗議する決議文を提出しました。しかし他の会派からも提出があり、議会が一丸となり早急に提出することが大事であることから一本化にまとめ決議した次第です。

 令和4年度の予算審議(予算特別委員会 竹内は今回委員)は、3月2、4、7、9日と開催されました。すでに広報しろい(3月5日)で当初予算案が報告されていますが、17日の議会最終日に議会の議決を経て決定します。広報誌による予算の概要は主に新規事業がピックアップされて解説されておりますが、委員会での審議内容は微に入り細に入り質問がありました。前年度と比較して金額の増額、減額について、新規事業について、委託事業について、学校の大規模改修について等々ありましたが、委員会では全ての予算は可決しております。議員全員の賛否は17日です。今後、委員会での質問のポイントについてお知らせして参りたいと思います。

 これから議会最終日までは、予算委員会の議事録チェック等、提出するものも色々あります。また、市の審議会、協議会等の傍聴もあり、また現場に出向き色々確認をしていきたいと思います。