本日(3/19)の夕方のテレビニュースで、ウクライナのゼレンスキー大統領の次のような言葉がありました。「いつも今頃は“春が来た”と皆さんにお話ししますが、今回は“戦争がきた”とお話しする事になります」。かわいい子供たちの怯えている顔を見るたび心が痛みます。

昨日(18日)、13時30分から「文化センター在り方検討委員会第5回」を傍聴しました。委員の方々の意見を伺っていくと5月に答申に向けた委員会開催になっていくのかなと思いきや、昨日は委員の中から「町から市になる時、市のアピール内容に、文化センターは存続させていくいくような内容があったと思うが‥‥」、「文化センターは条例等にどのような位置付けになっているのか?」などの質問に対し、執行部は調べてご報告します?!‥ となるとまたまた協議を何回か行なうことになるのでしょうか?? ちょっと不安になります。

5kg200袋のお米寄付

18日、16時半から保健福祉センターで「しろいつながりプロジェクト(フードサポート)」として、“生活協同組合コープみらい”から、5kgの無洗米×200袋が社会福祉協議会へ寄付される贈呈式が、1階で行われました。今後、社会福祉協議会で、“フード サポート”第3弾が行われることになうと思いますが、困っている方々に早く届くと良いですね。

 

3月議会も2月9日に開会しましたが、3月17日で閉会となりました。最終日は、26議案を3常任委員会で審議してきたこと、予算特別委員会で審議してきてことを、それぞれの委員長が報告をしますが、この報告だけでもかなり時間を要します。そして報告終了後、1議案ごと採決をしていきますが、反対討論もあれば賛成討論もあり、最終日はいつも長丁場の議会です。議会内容につきましては、私の会報でお知らせさせて頂きます。

退職職員方へ花束を贈呈

毎年ですが、3月末をもって定年退職をされる部課長の方々へ、議会最終日のお昼休みに議会親睦会から花束を差し上げておりますが、今年度退職の方々は、県から出向の高橋副市長他6人の部課長さん方です。お一人ずつお話を伺い、拍手でお送りいたしました。

また、17日の議会冒頭には、副市長の人事案件が提出され、高橋副市長後任に山下英之氏が議会全員一致で可決されました。新市長は、千葉県職員(52歳)で、企業庁、防災危機管理、行革関係等々を経験されております。県との橋渡しに期待と同時に、白井市の過度期にあって、より良い助言で白井の発展に力を注いで頂きたいと願っております。