コロナ感染は多少減少の傾向にある様ですが、まだまだ小中学校、市役所等での感染が見られます。また、他の感染症も報道され油断大敵と思っても間違いないと思っています。また、今日も茨城、福島沖の地震がありましたが、このところの地震が続いていることにも不安を感じる昨今です。

17日、「まち・ひと・しごと創生審議会」が開催されました。将来に渡り、いかに活力あるまちにしていこうかとあれこれと今日まで市は考えてきましたが、現実は、人口減少、ますますの高齢化、昭和54年からニュータウン事業がスタートし、現在の課題の一つに建物の老朽化と厳しい現状にも向き合っていかなければなりません。当然財政もますます厳しい状況になってくるのは必須です。今日の新聞報道によると、政府の「骨太の方針」の原案で、75歳以上の後期高齢者を念頭に金融所得を勘案して健康保険料の支払額を決める新たな仕組みを検討する方針を盛り込んだとあり、収入のある高齢者に応分の負担を求めるとありました。社会の公平公正から考えれば当然と思いますが、これからどの様な意見が出てくるのでしょうか?!

19日 6月議会に向けて、一般質問の締め切りでした。私は、1点目は「地域コミュニティづくりの推進について」質問します。9小学校区の内、3小学校区のまちづくり協議会が設立しておりますが、残る6小学校区をどの様に令和7年までに立ち上げていくのかを問います。2点目は、「令和4年度教員の配置と教育現場の現状について」です。前回の3月議会の私の質問に対して、教育委員会は教職員の加配を希望していましたが、現実は教職員数は令和4年度も同じであることも踏まえながら今後の教育について質問していきます。日程は25日の議会運営委員会で決定となります。

19日 都市計画審議委員会が開催されました。印西都市計画市役所周辺地区地区計画の決定、池の上一丁目地区(旧聖人会病院)地区計画の変更等が審議されました。学識経験者の先生方からは専門的な観点からの質問があり、議員からも色々質問がありました。

20日、総合計画審議会が開催されました。令和3年度までの審議会のまちづくりについての評価結果に対し、行政も評価したことを総合的に取りまとめました。今後市からまとめた結果が報告されます

21日、NPO法人ボランティア連絡協議会は運営委員として出席しました。長年市からの委託事業や補助金についての不明な点があり、今回は疑問点を質問しました。

リーダーの加藤さんより説明

根本からしっかり抜けました

同じ会派の同僚議員も参加

 

 

 

 

 

 

 

 

 

19日、外来種のオオキンケイギクを毎年駆除していますが、今年もリーダーの加藤 恵泉さんの説明からスタートし有志のみなさんで駆除をしました。主にスーパーベルクから市役所に向かう北環状線の分離帯をを中心に取り除いておりましたが、今年は例年の成果があって、分離帯にはほとんど咲いてなく、主に空き地の駆除となりました。「国道464号の印西地区は花がきれい!!」とよく市民の方がおっしゃいますが、外来種の説明をするとびっくりされています。注意していきましょう。