テントの組み立て

体育館全面にテント

11月6日、朝8時、管理組合の方々とアジサイの手入れも30分で失礼し、富士地区の第三小学校で開催される防災訓練に参加しました。今回は、第三小学校区まちづくり協議会の主催で、市で初めて「体育館避難所開設・運営訓練」が行われました。東北の3、11の震災の時、白井市在住の看護師の方が派遣で現地に行かれた時、避難所になった体育館の運営が十分でなく、障害者の方の受け入れ始め、特に物資がどこに何が置かれているのか混乱状態で、食べ物は腐ったりと大変な状況であったことを伺っていたことから、議会で防災の質問の際には必ず体育館の避難所運営マニュアルについて質問してきましたが、やっと市で初めての避難所開設の訓練が行われた次第です。日本大学法学部の学生さんも10人ほど参加し、市民の方々と共にテントの設営を行いましたが、一つのテントに3〜4人で設営しないと難しいことも皆さん実際に行ってみて実感されたようです。私もみなさんと一緒に組み立ててみて、バネが使われていることや重さもあることが分かりましたが、兎にも角にも体験することだと思いました。

8日、千葉市のポートプラザで後期高齢者広域連合の「令和4年度第2回定例議会」に出席しました。特に令和3年度決算の後期高齢者の医療の給付や保険事業などの特別会計から説明しますと、まず、千葉県の後期高齢者は令和3年度末現在、88万108人で、現在3万347人の増となっています。ちなみに、白井市は、8410人です。一人分の医療費は、白井市の場合は約80万円となっていますが、毎年増額していく現状です。そして、この特別会計の千葉県の決算金額は6,882億2,575万5,607円です。すでに10月から個人の保険料の負担が1割〜3割となっていて、高齢者の方々は大変とおっしゃる方が多いのですが、若い方々にこの税負担も大変だと思います。

9日、白井市12月定例議会の一般質問提出締め切り日でした。私は6番目で、(1)ニュータウン事業に基づいた道路整備等のための基金について (2)白井、西白井駅周辺の活性化について (3)保健福祉センターの在り方と利用についての3項目の質問をします。今のところ28日の一番目になる予定です。

コロナ第8波の感染が拡大しそうです。気を抜かないで感染防止に気をつけましょう!